つむじが薄い基準は?


つむじが薄い基準は?

 

つむじが薄い基準というのは、特に明確にはありません。何故なら、つむじの髪の毛の分かれ方は人それぞれ違いますし、もともとの髪の毛の濃さや太さも個人差があるからです。

 

ですから、薄いかどうかの基準で判断するより、「一番、髪の毛が多かった頃の自分と比べて薄くなっているのかどうか」を考えたほうが良いでしょう。

 

高校生では、すでに薄くなり始める方も稀にいますが、中学生の頃なら髪の毛がベストな状態だったと考えられます。

 

当時と比べて自分のつむじが薄ければ、もう、薄毛は進行していると考えて間違いないでしょう。しかし、つむじって合わせ鏡でもしない限り、自分では見えないので一番、髪の毛が元気だった頃のつむじなんて覚えていないかも知れません。
自分のつむじが薄くなっていないか、家族などに客観的な意見を聞いてみるのがおすすめです。家族は、もしかしたら薄くなっていることに気がついていても、傷つけやしないかと何も言わないこともあると思うので、自分から聞いてみましょう。

 

つむじが薄いと感じているなら、頭部全体の薄毛が進行している可能性があるので、薄毛専門のお医者さんに診察してもらうのがおすすめです。

つむじが薄くなるのは男性?女性?

つむじが薄くなるのって男性と女性のどちらが多いのでしょうか。つむじは、稀に二つある方や後頭部につむじがあるというような方もいますが、大半の方が頭頂部にありますよね。

 

男性の場合、薄毛が目立つのは、額の生え際と頭頂部です。特につむじがある頭頂部の薄毛は、生活習慣の乱れやストレス、喫煙、飲酒、食生活などの影響を大きく受けやすい部分です。

 

よって、男性の薄毛で頭頂部のつむじ部分が薄くなるということはよくあるケースなのです。女性の場合、頭部全体が薄くなるような薄毛が多いのですが、体質や生活習慣、ストレス、喫煙、飲酒などの原因によるものです。

 

頭部全体が薄くなっているのですが、つむじは髪の毛がいろんな方向に分かれていて元々、薄毛が目立ちやすい部分です。

 

つまり、男性も女性もつむじが薄くなるケースはあり、頭部全体にも薄毛の可能性があるので、つむじだけが薄いと断定せずにまずは、頭皮チェックを行う必要があるでしょう。

 

自己判断で、自分で外用薬を購入して治療する方法もありますが、適切な治療をして最短で薄毛を食い止めたいなら、薄毛外来などの病院に行くことがベストな選択でしょう。

大学生でつむじが薄くなるのは早い?


大学生でつむじが薄くなるのは早い?

 

まだ大学生なのにつむじが薄くなってきたというのは早いのでしょうか。早ければ10代後半や20代前半の頃から薄毛が気になりだすという男性は、結構多いんです。

 

特にカラーやパーマをしょっちゅうしている人、喫煙、飲酒、無茶な生活をしている人は、つむじから薄くなることが多いです。自分に当てはまっていると感じる人は、少しでも悪い習慣を正すことで、つむじや頭部全体が薄くなることを阻止できます。

 

生まれ持った体質によって無茶をしても薄毛にならない人もいますが、大学生でまだ若いからと無茶をする人ほど、薄毛になりやすいように思います。

 

額の生え際から薄毛になる人は、男性ホルモンの影響が大きいですが、つむじ周りや頭部全体が薄くなる人は生活習慣を改めることで薄毛を食い止めることは可能です。

 

頭部全体がオイリーに感じる方は、毛穴が詰まってギトギトになって髪の毛が正常に生えてくるのを阻害している可能性もあります。

 

すっきりと頭皮の汚れを取り除いたり、シリコンが毛穴を塞いで邪魔しないようにノンシリコンの育毛シャンプーを使うのがおすすめです。育毛シャンプーだけでは、育毛には不十分ですが、毛の生えてくる土台を正常に保つ予防には最適です。


http://www.legalizationofcannabisnow.net/